差分  FrontPage  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS

Statute

心青会規約

心青会規約(2010年改訂)

第一章 総則

(名称及び事務所)

[第1条] 本会は心青会と称し、その事務所を筑波大学情報科学類内に置く。

(目的)

[第2条] 本会は母校の伝統を基盤として、会員相互の親睦を計り、母校との連絡を保ち、その発展に協力することを目的とする。

(事業及び活動)

[第3条] 本会は前条の目的を達成するため次の事業及び活動を行なう。

  • 会員相互の親睦、便宜を計るために必要な事業
  • 母校の教育活動の後援、助長に関する事業
  • その他目的を達成するために必要な事業及び活動

第二章 組織

(会員)

[第4条] 本会は次に掲げる会員で組織する。

  • 筑波大学第三学群情報学類を卒業した者
  • 筑波大学情報学群情報科学類を卒業した者
  • 前記学類の旧職員及び現職員
  • 前記学類に関係の深いもの

[第5条] 会員は住所、氏名、職業等の変更のあった時は、遅滞なく本会に通知することとする。

(役員)

[第6条] 本会には次の役員を置く。

  • [名誉会長] 1名
  • [会長] 1名
  • [副会長] 若干名
  • [幹事] 各年度から若干名
  • [事務局長] 1名
  • [事務局員] 若干名
  • [監査委員] 若干名

(役員の選任、任期)

[第7条] 役員は次の方法で選任する。

  • 名誉会長は、現情報科学類学類長とする。
  • 会長及び副会長は、会員の中から幹事会が選任する。
  • 幹事は、各卒業年度毎にその年度の会員の中から選任する。
  • 事務局長は、会員の中から幹事会が選任する。
  • 事務局員は、会員の中から幹事会が選任する。
  • 監査委員は、幹事及び事務局員を除く会員中より互選により選任する。

各役員の任期は2年とし再選を妨げない。ただし、名誉会長の任期は学類長の就任期間とする。 役員は任期満了後も後任者の就任まではその職務を行なう。 役員の改選方法は別途定める『心青会役員選任規定』に従う。

第三章 会務の執行

[第8条] 役員は次の職務を行なう。

  • 会長は本会を代表し、会務を総理する。
  • 副会長は会長を補佐し、会長に事故あるとき又は欠けたときはその職務を代行する。
  • 名誉会長は重要な事項について会長の相談に預かる。
  • 幹事は同窓会幹事会を組織し、その議決に参加する。
  • 事務局長は事務局を代表し、局務を総理する。
  • 事務局員は事務局を組織し、局務を遂行する。
  • 事務局内に会計を置き、会計担当事務局員を定める。
  • 会計担当事務局員は会計・出納・決算処理を行う。
  • 監査委員は監査委員会を組織し、本会運営に関する会計監査を行なう。

(会議)

[第9条] 会議は総会、幹事会、事務局員会議とする。総会、幹事会の議長は会長がこれにあたる。 事務局員会議の議長は事務局長がこれにあたる。 会議の議決は出席者の過半数で決し、可否同数のときは議長の決するところによる。

  • 総会は隔年1回開かれ、会務について報告を受ける。
  • 幹事会は毎年1回、又は会長/副会長/事務局長、あるいは全役員の1割以上の同意による要求があるときに開かれ、会長がこれを召集し、予算その他の重要事項について議決を行なう。
  • 次の事項は必ず幹事会に付議しなければならない。
    • 本会会計の予算、決算の承認
    • 本会規約の改正、又は変更の決議
  • 事務局員会義は必要に応じ、又は事務局員2名以上の同意による要求があるときに開かれ、事務局長がこれを召集し、局務の執行について協議する。

第四章 会計

[第10条] 本会の資産は、会費、寄付金及びその他の収入で構成する。

(会費)

[第11条] 会員は年度会費を納入するものとする。その金額は幹事会において定める。

(資産の運用)

[第12条] 本会の不動産以外の資産を分けて、基金及び運用財産の2種とする。

  • 基金の額は幹事会においてこれを定め、郵便貯金とするか、又は確実な信託銀行に信託するかもしくは定期預金とする。
  • 一旦基金となったものは、消費又は担保に供してはならない。
    但し、本会の事務遂行上やむを得ない理由があるときは、幹事会の決議を経て一部を処分することができる。
    また緊急ややむを得ない場合は事務局が処分することができるが、次期幹事会において承認を求めなければならない。
    寄付金であって、寄付者の指定のあるものはそれに従う。
  • 本会の通常経費は運用財産をもって支弁する。

(会計年度)

[第13条] 本会の会計年度は毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。

(決算)

[第14条] 監査委員会が会計監査を行なうものとする。

会計担当事務局員は5月中に前年度の収支決算を作成し、監査委員会の監査を求め、これを幹事会に提出しその承認を得なければならない。

第五章

(規約の変更)

[第15条] 本会規約は幹事会で出席者の3分の2以上の同意により変更することができる。

(細目)

[第16条] 本会の運営の細目について、必要あれば別にこれを幹事会が定めることができる。

(施行)

[第17条] この規約は平成9年9月27日から実施する。

平成14年9月14日に改訂。

平成22年10月2日に改訂。

平成24年10月20日に改訂。

更新日時:Fri Nov 23 00:52:58 +0900 2012
キーワード:
参照:[心青会とは]